あだち充先生の作品、虹色とうがらしのあらすじとネタバレ感想です。

あだち先生といえばスポーツ系の漫画のイメージがあるかもしれませんが、管理人はSF+バトルのこの作品が一番好きです。

虹色とうがらし

作者 ジャンル
あだち充 SF
単行本刊数 掲載誌
全11巻 週刊少年サンデー
連載期間 出版社
1990年-1992年 小学館

こんな気分の時に読みたい漫画

電紙くん電紙くん

未来の江戸時代で繰り広げられる闘いと恋に、ワクワクが止まらないよ!

あらすじ

これは未来の地球によく似た星の、江戸と呼ばれる時代のお話

物語の主人公は、日光江戸村で火消しをしていた七味(しちみ)。
母親を亡くした七味は、母の死に際の「江戸のからくり長屋を訪ねなさい」との言葉にしたがい、江戸に向かう。

からくり長屋に着くと、目印であるクルミを持った兄弟が他に6人いた。なんと6男1女の7名、全員異母兄弟である。七味は思う。

『助平親父を一発ぶん殴る!』

ところが、兄弟達は誰も父親の正体を知らない。

兄弟たちはもっとお互いのことを知るために、それぞれの故郷を全員で巡らないかと提案する。その際に助平親父の正体も見えてくるであろうと。

旅に出た7人になぜか襲いかかってくる刺客。全ては父親が関係している・・・?

時代錯誤にご容赦を!!これは未来の地球によく似た星の、江戸と呼ばれる時代の物語!

感想

発売からかなりの期間が経過している漫画にも関わらず、あだち先生の変わらない絵のタッチと、「未来の江戸時代の物語」という設定が相まって、今読んでも古臭さを感じません。

昔の漫画を読むと、「絵が古いなー」と思うことが多いですが、コレは全く感じません。本当にすごいです!

バトル要素や恋愛要素を含む少年誌の王道的な内容になっていて、さらに終わり方が素晴らしく、読み終わった後はすごく気持ちがいいです。

管理人はあだち先生の作品で一番好きです。全11巻でサクっと読めるのに、あだち先生の魅力をたくさん感じられる作品です。

ネタバレ含む感想


あらすじで「兄弟」と書いているところがポイントですね。ちょっとネタバレしちゃいました。

あだち先生の描く女キャラって、表面に感情を出さないことが多く、心で泣いていることが多くて素敵ですよね。(男キャラもかな?)

だからこそハッピーエンドで良い気持ちになれるのでしょう!

電子コミックでお得にたくさん漫画を読もう!

もう海賊版サイトに頼らない!お得に漫画を読む方法!

>>ブック放題のレビューと評判!500円で完結済み漫画が読み放題!

>>お得さと使いやすさで選ぶオススメ電子コミックサイトランキング!